日経BPビズボード無料

2017年10月02日

特集 アマゾン PART 2 全てをのみ込む小宇宙 「魅惑のエコシステム(生態系)」の全貌(日経ビジネス Digital, 2017年10月2日号)

前年同月比16倍の増収──。ネット家具販売のぼん家具(和歌山県海南市)は1年前、アマゾンでそんな月間販売を記録した。その後も3~5割の成長が続き、その波に乗って8月、和歌山駅近くに新オフィスを構えた。

[サクセスネット掲載日:2018年1月4日]

2017年12月01日

「LOHACO」の正しい使い方(日経デジタルマーケティング, 2017/12号)

アスクルのECサイト「LOHACO」はパートナー企業にとってデータ活用における“宝の山”。共同で展開する商品開発やプロモーションの事例から、その活用法を探った。

[サクセスネット掲載日:2018年1月4日]

2017年11月27日

〔PART1〕 行き場を失った10人が辿り着いた先 私たちは農業で救われた(日経ビジネス, 2017/11/27号)

「20年ぶりの株高」に産業界が沸く一方、この国では今、社会に居場所がない人が増えている。就職難や子供の教育、リストラなど様々な事情から負のスパイラルに陥っている人々だ。そんな行き場を失った人々を救うためのある手段が注目を集めている。就農だ。

[サクセスネット掲載日:2018年1月4日]

2017年12月11日

特集 またもや死亡事故 VRで気付き体感、安全にヒヤリハットできる新教育 安全衛生の5大キーワード 死亡者250人以下への挑戦 1(日経コンストラクション デジタル版, 2017年12月11日号)

VR(仮想現実)が、建設業の安全衛生教育の常識を変えつつある。VRというと、3次元の臨場感あふれる映像を見るだけというイメージが強いが、最近ではVRを使った「体感型」のシステムが主流になっている。

[サクセスネット掲載日:2018年1月4日]

2017年11月01日

信頼を失って思い知った 「社長の言葉」の重さ(日経トップリーダー, 2017/11号)

相手の社長が僕に「頼む」と言っていたとき、どれほど真剣だったのか。その言葉の重さが、当時30代半ばの若造の僕には全く分かっていなかった。28歳で社長になって7年目。社長としてやっていく覚悟はできているつもりでした。でも、本当の意味で覚悟などできていなかったんです。社長である自分の判断の重さも分かっていなかった。

[サクセスネット掲載日:2017年12月25日]

2017年11月01日

死亡事故は自分自身が招いた報い 命を生かすためにできることは何か(日経トップリーダー, 2017/11号)

あの日を生涯忘れることはありません。2013年8月30日。運送会社である当社(宮田運輸)の社員が運転するトラックとスクーターが接触し、スクーターに乗っていた男性が他界したのです。病院に駆けつけると、案内されたのは病室ではなく、霊安室でした。

[サクセスネット掲載日:2017年12月25日]

2017年12月01日

〈プロの流儀1〉 ホテルマン×部屋の清掃(日経おとなのOFF, 2017/12号)

上質なホテルの客室に漂う、自宅とはまた異なる心安らぐ空気。それは〝前日の宿泊客の気配〟を徹底的に消し去る清掃法により生み出されたものでもある。日本を代表するホテルの一つ、ホテルオークラ東京では、業界でも珍しい、清掃後の客室チェックの社内資格制度「マスター・オブ・ハウスキーピング」を導入し、83ものチェック項目で細部まで清掃に目を光らせている。

[サクセスネット掲載日:2017年12月25日]

2017年12月01日

〔PART2〕 「効率よし、気遣いよし」の電話・メール・チャット いまどきマナー(日経ビジネスアソシエ, 2017/12号)

 「コミュニケーションで大切なのは、何より相手の状況や気持ちを気遣うこと」(ビジネスマナー研修を手がけるアイシービーで講師を務める山下有希さん)。ここでは、電話・メール・チャットのいまどきのマナーを紹介しよう。

[サクセスネット掲載日:2017年12月25日]

2017年10月01日

〔温泉旅館の改革ドキュメント〕 「休めない旅館」からの完全脱却(日経トップリーダー, 2017/10号)

福井県あわら市にある温泉旅館「グランディア芳泉(ほうせん)」の改革ドキュメント。休日を30日増やして、給料はそのまま。残業は週に2時間程度。それでもサービスの質は落とさず、利益率は10%にアップ──。「休めない旅館」はいかにしてそんな離れ業を実現したのか。

[サクセスネット掲載日:2017年12月11日]

2017年09月11日

SPECIAL REPORT 「イクボス」が日本を救う 経済効果は5000億円 ポスト・イクメン時代の組織活性化(日経ビジネス Digital, 2017年9月11日号)

男性が家事や育児に積極的に関わる「イクメン」という言葉はすっかり定着した。だが、イクメンは周囲の理解が得られず、上司は働き方改革と実態との板挟みに苦しむ。突破のカギは、職場の基盤づくりができる「イクボス」をいかに増やせるかにある。

[サクセスネット掲載日:2017年12月11日]

2017年10月01日

〔内藤耕氏インタビュー〕 「手待ち時間」の解消がポイント(日経トップリーダー, 2017/10号)

中小企業の社員は、なぜ休みたくても休めないのか。企業の生産性に詳しい内藤耕氏は、経営者の「誤解」を指摘する。「忙しい時間帯」よりも「忙しくない時間帯」に問題点がある。

[サクセスネット掲載日:2017年12月11日]

2017年11月01日

定年男子と定年女子の金持ち老後プラン(日経おとなのOFF, 2017/11号)

定年を前に誰もが気になるのが、「老後破産」というフレーズ。老後家計を破綻させず、豊かに暮らすにはどうすればいいか。『定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!』の著者、大江英樹さんと井戸美枝さんに聞いた。

[サクセスネット掲載日:2017年12月11日]

2017年10月01日

〔実践した経営者二人が疑問に答える〕 「休み増やせば利益が増える」は本当?(日経トップリーダー, 2017/10号)

「休みを増やせば、売り上げも利益も増える」ことを示してきた。それでも、「本当なのか?」と疑念を解消できない人もいるだろう。働き方改革に対して抱く疑問に、二人の経営者に答えてもらおう。

[サクセスネット掲載日:2017年11月20日]

2017年10月01日

第40回 上司から一目置かれるには(日経ものづくり, 2017/10号)

周囲から「一人前」と認められるようになると、上司からの評価が気になってくるもの。前向きな提案を積極的に行っている人の場合はやる気に満ちあふれている分、上昇志向も高い傾向があると思います。上司から一目置かれる部下になりたいという気持ちも分からないわけではありません。

[サクセスネット掲載日:2017年11月20日]

2017年11月01日

進化する「デジタル手帳」 Googleカレンダーのフル活用術(日経ビジネスアソシエ, 2017/11号)

パソコンでもスマートフォンでも入力・閲覧が可能な無料のスケジュール管理サービス「Googleカレンダー」。デジタル手帳として使いこなせば、紙の手帳より優れた点を数多く持つ。

[サクセスネット掲載日:2017年11月20日]

2017年11月01日

Vol.2 「ビジネスフォーマル」と「ビジネスカジュアル」の違い(日経ビジネスアソシエ, 2017/11号)

「ビジネスフォーマル」と「ビジネスカジュアル」の違いについて。パーティーフォーマルとは異なるビジネスでの正しい服装と着こなしをマスターすれば、どんなシーンにも、臆することなく向かっていけるはずだ。

[サクセスネット掲載日:2017年11月20日]

2017年07月01日

レクチャー&体験編 「今、ここ、私」に意識を集中(日経情報ストラテジー, 2017/07号)

グーグルやインテル、フェイスブックといった海外の大手企業が社内研修に積極採用する「マインドフルネス」。この言葉は最近、ビジネス誌やネットなどメディアで多く見かけるようになった。しかし、何なのかがはっきりとしない。

[サクセスネット掲載日:2017年11月06日]

2017年07月01日

実践編 迅速に判断できるリーダー養成に効く(日経情報ストラテジー, 2017/07号)

既にマインドフルネスをビジネスの現場に取り入れる企業が出てきている。ここでは2社の取り組みと狙いを紹介しよう。

[サクセスネット掲載日:2017年11月06日]

2017年03月01日

“どこでも医療”が 企業人のカラダを守る(日経デジタルヘルス, 2017/03号)

世界を舞台に戦うグローバル企業の従業員たちの健康をどう支えるか。糖尿病の自己管理支援アプリ「GlucoNote」を開発した東京大学 特任准教授の脇嘉代氏と、三菱商事 診療所長の伊藤誠悟氏が語りあう。カギを握るのは、ICTを活用し時間と場所の制約を乗り越えた“どこでも医療”を実現することだ。

[サクセスネット掲載日:2017年11月06日]

2016年10月31日

「経営者の健康は経営の重要な要素。隠さずに、良さをアピールすべきだ」 日本電産会長兼社長 永守 重信(日経ビジネス, 2016/10/31号)

健康経営という言葉が普通のものになってきた。社員の健康を重視し、その維持向上を図ることが、結局は企業の生産性や効率を高めるというわけで、経営の重要事項になっている。

[サクセスネット掲載日:2017年11月06日]

2017年09月01日

第20回【部下への敬意編】 復活劇は朝の挨拶から始まった(日経トップリーダー, 2017/09号)

今回の主人公は、リーダーとしての姿勢を示す最初の行動として、挨拶を選んだ。部下とその仕事への敬意を示す、小さな行動の積み重ねが、上司への信頼を生んだ。そんな上司の仕事ぶりを見て、部下の視線が高まった。自然と顧客に意識を向け、自ら考え、行動するようになった。

[サクセスネット掲載日:2017年10月23日]

2017年09月01日

第39回 上司から信頼されるには(日経ものづくり, 2017/09号)

中堅社員クラスともなると、仕事の手順をすっかり覚え、スムーズに業務をこなしていることでしょう。若手社員を指導したり、プロジェクトのリーダーとして活躍したりしている人も少なくないと思います。でも、自信に満ちあふれて「自分はもっとできる」と考える一方で、自分が期待する高い信頼を上司から得られていないのではないかと、不安や不満を覚えている人もいるのではないでしょうか。

[サクセスネット掲載日:2017年10月23日]

2017年10月01日

感情を揺さぶるエモーショナル文章術(日経ビジネスアソシエ, 2017/10号)

簡潔で分かりやすい文章を書いているのに、提案や依頼が通らない…。そんな人は、自分の主張や思いを一方的に書いていないだろうか。「YES!」と言わせるための“相手の心に刺さる”文章術を紹介する。

[サクセスネット掲載日:2017年10月23日]

2017年10月01日

ウオーキングを万能薬にするには、1日8000歩うち20分速歩きが新常識(日経おとなのOFF, 2017/10号)

加齢とともに進む活動量の低下をくい止めれば、多くの病気を防ぐことが可能になる……。そんな研究成果が脚光を浴びている。ポイントは1日の歩数とその質。高血圧、糖尿病から寝たきりに至る病の連鎖を断つ、ウオーキング術の新常識がここに!

[サクセスネット掲載日:2017年10月23日]

2017年09月04日

SPECIAL REPORT 「社会の分断」は企業が防ぐ 外国人社員への正しい接し方(日経ビジネス Digital, 2017年9月4日号)

労働スキルを学ぶため来日した外国人技能実習生の失踪が相次いでいる。このままでは不法残留者が増え、日本の治安に影響が及ぶとの声も少なくない。暗躍するブローカー、誘惑を仕掛ける不法滞在者ネットワーク……。失踪の背景は様々だが、受け入れた日本企業にも責任があるのは明らかだ。

[サクセスネット掲載日:2017年10月05日]

2017年05月01日

〔Part1 総論〕 協働ロボットで進める「軽薄短小」 安全に対する考え方も深化(日経ものづくり, 2017/05号)

従来の産業用ロボットを導入してこなかった中小企業でも、省スペースでティーチングがしやすい協働ロボットの登場で、自動化が進む可能性がある。ただし、実際の導入に当たっては、さまざまな課題が浮上する。例えば、協働ロボットを利用するにはどんな治具を用意すればいいのか、ワークをどう流せば効率的なのか、といったことである。

[サクセスネット掲載日:2017年10月05日]

2017年06月01日

〔その3〕 海外に出てみたいあなたに(日経トップリーダー, 2017/06号)

「海外進出なんて、うちには無理」。そんな考えは捨てよう。現地での販路開拓まで、手厚く支援する地銀が増えている。海外展開で人手不足が解消し、国内事業も強くできる。

[サクセスネット掲載日:2017年10月05日]

2017年03月06日

やるべきことはたった2つ 林業復活に学ぶ「斜陽産業」再生術(日経ビジネス, 2017/03/06号)

輸入品の流入で「もうからない産業」となり、人材不足も進んでいたはずの林業。そんな典型的な斜陽産業が、ここへきて再成長を開始している。突破口となったのは、「2つの当たり前のこと」を徹底することだった。

[サクセスネット掲載日:2017年10月05日]

2017年08月01日

ジャパネットの事業承継(日経トップリーダー, 2017/08号)

創業者の天才的なひらめきを社員が素早く形にすることで成長してきたジャパネットたかた。最大の試練はカリスマ、髙田明氏の引退だ。偉大な先代からどのように事業を受け継いでいくのか。仮説と検証で奮闘する若き後継者、髙田旭人氏の模索は続く。

[サクセスネット掲載日:2017年09月25日]

2017年09月01日

第27回 トラブル解決の極意は「報告」にあり(日経ビジネスアソシエ, 2017/09号)

トラブルやミスを上司に報告するのは誰だって気が重い。だが報告の仕方によっては、ストレスなく一気に解決策まで導き出せるかもしれない。そんな上司の怒りをできるだけ抑えるコミュニケーション術を教えよう。

[サクセスネット掲載日:2017年09月25日]

2017年09月01日

PART1 “一流”が実践する集中力の高め方 誤字脱字で青ざめないための集中文章チェック術(日経ビジネスアソシエ, 2017/09号)

「イベントの案内ハガキを郵送した後に、開催日の曜日を間違えていたことに気づいた」──。こうした文書上の日程間違いは、想像するだけでぞっとする。集中力が途切れてしまった時に起こる致命的なミスの1つが、こうした文章の誤記。間違いを確実に見つけるためには、集中して文章をチェックするスキルが必要になる。

[サクセスネット掲載日:2017年09月25日]

2017年09月01日

PART1 “一流”が実践する集中力の高め方 仕事中の集中力を途切れさせるPC、スマホに邪魔されないルール4(日経ビジネスアソシエ, 2017/09号)

デジタルデバイスをフル活用する時代において、「オン」「オフ」をきちんと使い分けることは、とても難しくなりつつある。「つい…」「気づいたら…」と気が向くままに使いがちな人ならば、すぐに改めよう。

[サクセスネット掲載日:2017年09月25日]

2017年07月03日

Technology File:072 透明ディスプレー 背景が透ける未来のテレビ(ジャパンディスプレイ、シャープ、パナソニック)(日経ビジネス, 2017/07/03号)

ガラスのように背景が見える「透明ディスプレー」の実用化が見えてきた。屋外の広告看板だけでなく、自動車のガラスや建物の窓も一変する。テレビやスマートフォンの「次」を模索するメーカーが、競争を加速させている。

[サクセスネット掲載日:2017年09月11日]

2017年04月10日

〔PART3〕 ニッポン製造業の生きる道 身の丈カイゼンで強さ伸ばし弱点補う(日経ビジネス, 2017/04/10号)

GEが目指す究極のデジタル工場。「うちには無理だ」と諦めることなかれ。デジタルとカイゼンの組み合わせは、日本の製造現場にも新たな強さをもたらす。

[サクセスネット掲載日:2017年09月11日]

2017年07月31日

〔PART3〕 時代はサブスクリプションへ 「選ばずお任せ」が快適(日経ビジネス, 2017/07/31号)

買い物ストレスから逃れる一つの解は、お任せで商品が届くサービスを利用すること。サブスクリプションと呼ばれる契約型サービスが急速に広がっていきそうだ。

[サクセスネット掲載日:2017年09月11日]

2017年06月26日

特別インタビュー 国土交通大臣 石井啓一氏 IoTやAIで現場に技術革新を 「着実かつ安定的に、建設投資の額を確保することは大前提」(日経コンストラクション デジタル版, 2017年6月26日号)

国土交通省が推進するi-Constructionが2年目に突入した。旗振り役の石井啓一国交相は、「事業環境が好転している今こそ、将来を見据えて産業全体の力を高める好機だ」と建設業界にハッパをかける。一方で、「新しい発想や技術は、建設業界だけでは生まれにくい」とも語り、建設関連企業とIT企業などの協働に期待を示す。

[サクセスネット掲載日:2017年09月11日]

2017年07月01日

〔3 中屋敷左官工業〕 「能力を高めたい!」と若手に思わせる社長問答(日経トップリーダー, 2017/07号)

中屋敷左官工業慢性的な人手不足が続く建設業界で、若手社員の獲得・定着に成功しているのが、「第3回 日経トップリーダー・人づくり大賞」最優秀賞を受賞した中屋敷左官工業だ。秘訣は、若手世代の価値観に合った育成法にある。

[サクセスネット掲載日:2017年08月21日]

2017年08月01日

PART3 「応援してもらえる」4大スキル 反省力(日経ビジネスアソシエ, 2017/08号)

ビジネスパーソンなら誰でも起こし得るミスや失敗は、周りに迷惑をかける。しかし“反省力”を発揮すれば、イメージを落とすどころか、その後に応援してもらえるほどの好印象を残せる。

[サクセスネット掲載日:2017年08月21日]

2017年08月01日

第26回 疲れる長話をスマートに断ち切る(日経ビジネスアソシエ, 2017/08号)

やたらと話の長い人に遭遇して困った経験は、誰にでもあるだろう。酒席における上司、商談後や接待中の年配の得意先などに、この手の人が多い。それも仕事につながる話やレアな話ならまだいいが、単なる自慢話や理不尽な説教だったりするものだ。

[サクセスネット掲載日:2017年08月21日]

2017年08月01日

〔4〕 “いい眠り”を手に入れる 睡眠にまつわるQ&A(日経ビジネスアソシエ, 2017/08号)

10年ごとに10分以上減るとされている理想の睡眠時間は8時間だと思い込んでいる人は少なくないが、実はこの数字に医学的な根拠はない。また、年を取ると基礎代謝が落ちることで、必要な睡眠時間が短くなっていく。

[サクセスネット掲載日:2017年08月21日]

2017年05月01日

検証・大塚家具(日経トップリーダー, 2017/05号)

大塚家具が2016年12月期決算で、45億円の最終赤字を計上した。父娘の壮絶なバトルから2年。あの事業承継は正しかったのか。大塚久美子氏のロングインタビューと店長取材で検証した。

[サクセスネット掲載日:2017年08月07日]

2017年07月01日

第13回 東横イン・黒田麻衣子社長と考える「データの重要性」(日経トップリーダー, 2017/07号)

若い後継者と元気な先代との関係は複雑です。後継者には古いやり方を変えたい気持ちがある一方、自分だけの判断ですべてを変えてしまうほどの自信はないことのほうが多い。

[サクセスネット掲載日:2017年08月07日]

2017年02月01日

〔対立を避けるポイント〕 兄弟経営が成功する確率は2割(日経トップリーダー, 2017/02号)

事業承継の中でも失敗の確率が高いと言われる兄弟経営。どうすれば、兄弟の争いの種をなくすことができるのか。事業と家族の発展をスムーズに運ぶための5つの原則がある。

[サクセスネット掲載日:2017年08月07日]

2017年03月01日

第15回 家、家にあらず。継ぐをもて家とす 人、人にあらず。知るをもて人とす(日経トップリーダー, 2017/03号)

経営者の方々に必ずと言っていいほど聞かれることがあります。それは「どうしたら事業承継がうまくいくのか」という質問です。後継者へのバトンタッチは、経営者にとって最大のテーマなのかもしれません。

[サクセスネット掲載日:2017年08月07日]

2017年06月01日

〔事例1〕 ベティスミス(ジーンズの製造・販売)/ユニクロ台頭の中、売り方を5回変更 勝ち残った中小ジーンズメーカー(日経トップリーダー, 2017/06号)

ジーンズという商材を変えず、市場の中で柔軟に動き続けるベティスミス。その姿には見習うべき点が多い。

[サクセスネット掲載日:2017年07月24日]

2017年07月01日

“イヤな上司”ほど学びの宝庫(日経ビジネスアソシエ, 2017/07号)

学生時代は気の合う仲間とだけつき合っていればよかった。でも勤める以上、どんなにイヤなやつでも毎日顔を合わせて、協力し合わなければいけないこともある。春から職場環境が変わった人も、そろそろイヤな人、苦手な人と出会ってしまった頃かもしれません。

[サクセスネット掲載日:2017年07月24日]

2017年07月01日

絶妙な6つの質問テクニック(日経ビジネスアソシエ, 2017/07号)

どんな時、どんな質問をすると効果的か。ここでは、会話が弾み、相手の潜在ニーズまで聞き出せる絶妙な6つの質問テクニックを紹介しよう。

[サクセスネット掲載日:2017年07月24日]

2017年07月01日

「理解できる」が安心感を生む! 論理力&ハッキリ力(日経WOMAN, 2017/07号)

忙しいときに、「何を言いたいのか分からない」話をされるとイライラしてしまうもの。相手の時間を奪わずに、必要なことを的確に、しかも角を立てずに言う力を身に付けましょう。

[サクセスネット掲載日:2017年07月24日]